2003.12.09

【性感染症学会速報】 第16回日本性感染症学会が長野市で開催 

 2003年12月6日と7日の2日間、長野駅に近い、長野市の若里市民文化ホールで、日本性感染症学会の第16回学術大会が開催された。一般演題が56題と小規模な学会だが、近年、若年女性を中心に感染者が急増している性感染症の現状や耐性菌の蔓延に対応した治療方針などを中心に討議が展開された。

 本会合では、今年末をめどに改訂作業が進められている淋菌感染症の治療ガイドラインについて、淋菌感染症小委員会の中間報告が行われた。ほかに、特別講演として、性の健康科学財団名誉会頭で札幌医科大学の熊本悦明氏による記念講演「花柳病−性病−性感染症:その予防啓発の100年の歴史」など3題、「若者の性が危ない」をテーマにした市民公開講座2題、ランチョンセミナーやスライドセミナーなどのスポンサード・セミナーが実施された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正