2003.12.09

【性感染症学会速報】 妊婦の性器クラミジア感染、既婚者は最近5年で2.2倍に増加 

 性器クラミジア感染症がごく普通の既婚夫婦に広がり始めている。札幌市では1990年代中盤にいったん減少した妊婦のクラミジア感染が再び増加に転じ、既婚妊婦の感染率は1997年からの5年間で2.2倍に増加した。札幌市の札幌東豊病院の南邦弘氏が、12月6日の一般口演「合併妊婦」で報告した。

 南氏らの研究グループは、1996年から2002年に札幌東豊病院を受診した既婚妊婦1万2549人と未婚妊婦3505人に対してPCR法により子宮頚管のクラミジア感染を調査した。その結果、未婚妊婦の平均陽性率は14.4%で、既婚妊婦の平均陽性率2.9%の約5倍に上り、全期間、全年齢層を通じて高値を示した。一方、年次推移を見ると、未婚妊婦では明白な傾向がないのに対して、既婚妊婦では、1996年の2.6%から1997年には2.0%にいったん減少した後、一貫して上昇を続け、2002年には4.4%と1997年の2.2倍と大幅に増加していることが分かった。

 南氏は、「1986〜1990年に高値を示した既婚妊婦の陽性率がいったん沈静化したのに、1990年代後半に再上昇に転じ、ごく普通の夫婦にクラミジア感染が広がる傾向を示している。今後、他の性感染症、特にHIVが家族に広がる可能性が心配される」と警戒の必要性を訴えた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正