2003.12.09

アデノウイルス・ベクターによるSARSワクチンが開発、サルで特異免疫の活性化を確認

 米国Pittsburgh大学と米国疾病対策センター(CDC)の共同研究チームは、アデノウイルス・ベクターを用いる重症急性呼吸器症候群(SARS)のワクチン開発に成功した。アカゲザルを用いた接種試験で、SARSウイルス特異的な抗体やT細胞の産生を確認したという。研究結果は、Lancet誌12月6日号に掲載された。

 研究グループは、SARSウイルスのスパイク蛋白(ウイルスの外側に突き出した刺状構造)や膜蛋白、ヌクレオカプシド(ウイルスRNAを包む蛋白)の一部を発現するよう最適化した遺伝子を合成。複製能を司る領域を除去したアデノウイルス・ベクターに組み込み、ワクチンを作成した。このワクチンを6匹のアカゲザルに筋注、対照群として合成遺伝子を組み込まないベクターのみを2匹のアカゲザルに筋注し、6週間追跡してSARSウイルス特異免疫を比較した。

 その結果、SARSワクチンを接種した6匹では、SARSウイルスのスパイク蛋白特異的な抗体発現や、ヌクレオカプシドに対するT細胞性免疫活性の上昇が確認。空のベクターを接種した2匹では、そうしたSARS特異的な免疫活性は見出せなかった。中和試験でも同様に、SARSワクチンを接種した6匹でのみ中和活性の上昇が認められた。こうしたSARSウイルスへの特異免疫は経時的に増強することも確認できた。

 今回の試験はあくまで、霊長類に対し、SARSワクチンの接種でSARSウイルス特異的な免疫能が活性化されることを示したもの。研究グループは、次のステップとして、ワクチンを接種した動物にSARSウイルスを感染させ、発病を防げるかをみる「チャレンジ試験」が必要だと強調している。

 この論文のタイトルは、「Effects of a SARS-associated coronavirus vaccine in monkeys」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

■ 関連図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正