日経メディカルのロゴ画像

2003.12.02

大日本製薬創製の抗てんかん剤「ゾニサミド」、欧州で承認申請

 大日本製薬は12月1日、同社が創製した抗てんかん剤の「ゾニサミド(一般名)」のライセンス供与先であるアイルランドのElan社が、欧州医薬審査庁に対し、販売承認申請を行ったと発表した。申請した適応症は12歳以上の小児と成人の部分てんかんの併用療法だという。ゾニサミドの国内での販売名は「エクセグラン」で1989年から販売している。米国市場では米国Elan社がZonegranの商品名で2000年に発売しており、2002年実績で4300万ドルの売り上げ高を得ている。日本では、さらにパーキンソン病の適応症追加を目指し、現在、臨床試験を実施している。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)