2003.12.01

人口当たりの医師数は西高東低、最多は徳島県、最も少ないのは埼玉県−−2002年厚労省調査から

 厚生労働省が11月27日にホームページに掲載した2002年末現在の医師・薬剤師調査の概況によると、人口当たりの医師数は、東京など突出している地域を別にすると、中国、四国、九州で多く、東北、関東、中部で少ない西高東低になっている。

 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数は、全国平均で195.8人となっている。最も多いのは徳島県の258.7人で、高知県の258.5人、京都府の257.8人、東京都の253.7人がこれに次ぐ。反対に最も少ない県は埼玉県で121.8人と最多4都府県の半数に満たない。これに茨城県の136.6人、千葉県の141.9人が次ぐ。東京都以外の首都圏地域が少ないのは、東京都の医療機関が代替していると考えられるが、全国的な分布を見ると、東北や関東、中部などでは少なく、中国、四国、九州では多い傾向が見られる。

 近畿以東では、全国平均の195.8人を上回っているのは、7都道府県に過ぎないが、中国、四国、九州では、逆に平均を下回っているのは沖縄だけである。近畿以東と、中国、四国、九州で人口10万人当たり医師数の平均値を比較すると、1975年には東が、106.2人、西が120.7人と西が13.6%多いだけだったが、1986年には東140.1人、西167.2人で西が19.3%多く、1998年には東が180.2人に対して西は222.1人で23.3%西が多く、格差は広がる傾向にあった。2002年には東が185人、西が228.2人で西が23.4%と、1998年とほぼ同じ比率になっている。

 2002年の医師・歯科医師・薬剤師調査の概況はこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.12.1 医師総数は26万2687人、20歳代で女性が3割超す−−2002年厚労省調査から

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
  7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
  8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
医師と医学研究者におすすめの英文校正