日経メディカルのロゴ画像

2003.11.28

FDAが第3のED治療薬を承認、PDE5阻害薬3剤の揃い踏みに

 米国食品医薬品局(FDA)は11月21日、勃起機能不全(ED)の治療薬として、タダラフィル(米国での商品名:Cialis)を承認した。米国内で承認された経口のED治療薬としては、シルデナフィル(わが国での商品名:バイアグラ)、バルデナフィル(米国での商品名:Levitra、わが国では承認申請中、関連トピックス参照)に次ぐ3剤目。既にこの3剤が市販されている欧州に続き、米国内でもシェア争いが激化しそうだ。

 タダラフィルもシルデナフィルやバルデナフィルと同様、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)の選択的な阻害薬。PDE5は勃起の発現・維持(陰茎海綿体への血液流入)に必要なサイクリックGMP(cGMP)を分解するが、同薬はPDE5の作用を阻害してcGMPを増加する。

 他2薬とタダラフィルとの違いは、血中半減期が長いため、「性行為の1時間前に服用する」との“縛り”がないこと(関連トピックス参照)。他2薬より服薬タイミングの自由度が高く、「長く効く」わけだが、その分、代謝への影響も長く続くため、併用薬や腎機能、肝機能には一層の注意が必要になる。

 この件に関するFDAのニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.8.22 FDA、勃起機能不全の新治療薬を承認
◆ 2002.5.30 新ED治療薬タダラフィル、服用36時間後でも性行為成功率を改善