2003.11.28

FDAが第3のED治療薬を承認、PDE5阻害薬3剤の揃い踏みに

 米国食品医薬品局(FDA)は11月21日、勃起機能不全(ED)の治療薬として、タダラフィル(米国での商品名:Cialis)を承認した。米国内で承認された経口のED治療薬としては、シルデナフィル(わが国での商品名:バイアグラ)、バルデナフィル(米国での商品名:Levitra、わが国では承認申請中、関連トピックス参照)に次ぐ3剤目。既にこの3剤が市販されている欧州に続き、米国内でもシェア争いが激化しそうだ。

 タダラフィルもシルデナフィルやバルデナフィルと同様、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)の選択的な阻害薬。PDE5は勃起の発現・維持(陰茎海綿体への血液流入)に必要なサイクリックGMP(cGMP)を分解するが、同薬はPDE5の作用を阻害してcGMPを増加する。

 他2薬とタダラフィルとの違いは、血中半減期が長いため、「性行為の1時間前に服用する」との“縛り”がないこと(関連トピックス参照)。他2薬より服薬タイミングの自由度が高く、「長く効く」わけだが、その分、代謝への影響も長く続くため、併用薬や腎機能、肝機能には一層の注意が必要になる。

 この件に関するFDAのニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.8.22 FDA、勃起機能不全の新治療薬を承認
◆ 2002.5.30 新ED治療薬タダラフィル、服用36時間後でも性行為成功率を改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正