日経メディカルのロゴ画像

2003.11.25

米国今シーズンのインフルエンザ流行は過去3年より深刻か、CDCが予測

 米国疾病対策センター(CDC)は11月17日、今シーズンのインフルエンザ流行は、過去3年より深刻になる可能性があると予測し、50歳以上の人などに対し、予防接種をできるだけ早く受けるよう勧告した。

 CDCはこうした予測の背景として、1.現時点で、インフルエンザウイルスが例年の同時期より高い割合で流布している、2.今シーズン流布しているインフルエンザウイルスは、過去に多くの人が発症し合併症を起こしたものである−−の2点を挙げている。

 CDCが予防接種を勧める対象は、インフルエンザ発症に続き重症な合併症を引き起こすリスクの高い、以下に挙げる人。1.50歳以上の人、2.長期介護施設の住人、3.慢性心疾患や喘息などの慢性呼吸器疾患を持つ生後6カ月以上の人、4.糖尿病などの代謝障害や、慢性腎疾患で長期的に治療を受けていたり、免疫系が弱っている、生後6カ月以上の人、5.生後6カ月以上18歳以下の人で、アスピリンを長期服用しており、そのためにインフルエンザ発症後、ライ症候群を引き起こす可能性のある人、6.インフルエンザ流行期に妊娠3カ月を超える女性−−。

 さらにCDCは、医師や看護師、医療機関や長期介護施設で働く人、先に挙げたリスクの高い人と同居する家族などに対しても、予防接種を勧めている。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■