日経メディカルのロゴ画像

2003.11.25

米国で2002年梅毒罹患率が前年比9.1%増、2年連続増加 

 米国疾病対策センター(CDC)は11月20日、2002年の米国の梅毒罹患率が、前年に比べ9.1%増えたことを公表した。2000年に過去最低を記録して以来、2年連続して増加傾向が続いている。男性同性愛者の罹患率が増えていることが、この背景にあるようだ。

 この調査結果は、CDCが毎週発行する報告書、「Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)」の11月21号の中で公表された。第1期、第2期梅毒の患者について調べている。それによると、2001年から2002年にかけて、米国の梅毒罹患率は10万人中2.2人から2.4人へ、9.1%増加した。報告された患者数もまた、6103人から6862人へと12.4%増えている。

 男女別に見てみると、男性患者数は同期間中、4134人から5267人へと、27.4%も増えている。この調査を行った研究グループは、このうち40%超が同性愛者、または両性愛者であると推測している。一方女性の患者数は、同期間中、1967人から1594人へと、19.0%減少している。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■