日経メディカルのロゴ画像

2003.11.17

大阪府がなみはやドーム救護室にAEDを設置、スポーツ大会の心停止事故に備える

 大阪府は、日本救急医療財団から寄贈を受けた自動体外式除細動器(AED)を、11月13日に大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)に配備した。同日から開催されたバレーボール女子ワールドカップをはじめ、各種スポーツ大会などの際、心停止患者の発生に対応できるようにするのが目的。配備するのは日本光電製のAED-9100で、当面は救護室に1台用意する。

 大阪府は他府県や国に先駆けて、1998年に国際ガイドラインに準拠した病院外心肺停止記録方式(ウツタイン様式)をいち早く導入するなど、早くから救急救命活動に積極的に取り組んできた。しかし、病院外で目撃者がいる(=救命しうる)状況で、心肺停止によって死亡する1000人のうち、心肺蘇生によって救命できるのは31人、約3%に過ぎない(大阪府健康福祉部医務・福祉指導室医療対策課)という。府立スポーツ施設であるなみはやドームへの配備は、こうした救命率の向上を目指し、一般市民に対するAED使用開放の一刻も早い実現を国に対して働きかけるアピールでもある。

 本件のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)