2003.11.13

AHAの病院支援プログラム実施で治療の男女差を1年で解消

 AHAは、心臓発作患者の再発症リスクを低減する院内体制を構築するための教育プログラム「Get With The Guidelines」を個々の医療機関に提供している。このプログラムを導入した全米123の病院では、導入開始時にあった治療適用の男女差がわずか1年で解消されたことが判明した。11月10日のポスターセッション「Heart Failure: Can It Be Prevented? 」で、米Massachusetts州PittsfieldのBerkshire医療センターのGray Ellrodt氏が発表した。

 Get With The Guidelinesは、本来は適切な退院支援を実現する病院システムを構築するための教育プログラムだが、Ellrodt氏らの研究グループは、本プログラムを導入することで治療プログラム適用の男女差の解消にも有効ではないかという仮説を立てた。

 この仮説を検証するため、プログラムを導入している全米123の医療機関のプログラム対象患者2万7825人について、ACE阻害剤、アスピリン、βブロッカー、禁煙カウンセリング、脂質代謝管理の5つの再発症予防治療における受療率の男女差を調査し、導入時と、開始後第4四半期(9〜12カ月後)の変化を確認した。

 その結果、開始時には、アスピリン(男性94.8%、女性90.6%)、βブロッカー(男性80.8%、77.2%)、脂質代謝管理(男性70.0%、女性60.8%)の三つで有意な男女差があったが、開始後第4四半期には、5種類の治療すべてにおいて有意な男女差は見られなくなっていた。しかも、男性のACE阻害剤治療(開始時64.8%、第4四半期67.5%)を除く男女すべての治療項目で、開始時に比べ第4四半期に治療適用率が有意に増加しており、1年以内と極めて短期間に治療における男女差を解消できたことが分かった。

 Get With The Guidelinesは、退院プロトコールや看護マップなどを含む総合的な院内体制改善プログラムで、急性期医療機関で心疾患で入院した患者の再発症を予防する2次予防に関するガイドラインを臨床現場に適用することを目指している。現在では全米で400以上の医療機関が採用しているという。

 Get With The Guidelinesの詳細については、こちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正