日経メディカルのロゴ画像

2003.11.11

【AHA2003速報】 蘇生率向上に威力を発揮、皮膚表面に冷水を流して体温を下げるサーモスーツ登場

 心肺停止時などに体温を下げると、脳障害などの発生を抑えることができ、蘇生率が向上することが知られている。緊急に体温を低下させたい時、冷却したリンゲル液の経静脈投与などの侵襲的な手段をとらず、皮膚を覆って表面に冷却水を流すことで素早く体温低下を実現する「サーモスーツ」の開発が米国で進められている。現在は動物実験の段階だが、実用化すれば、救急車への搭載も可能という。米Life Recovery Systems社社長のRobert Freedman氏が11月10日のポスターセッション「Experimental Studies in Resuscitation and Critical Care」で発表した(詳細はこちらへ)。