日経メディカルのロゴ画像

2003.11.04

【日本高血圧学会速報】 脈波伝播速度は高血圧性臓器障害の進展をどの程度予測し得るか? 「J-TOPP」研究スタート

 血管の“硬さ”を反映する指標として人間ドックなどでの普及が進みつつある「脈波伝播速度」(PWV)の、予後指標としての有用性を明らかにする臨床研究が始まった。全国の労災病院と東北地方の開業医が未治療の中高年高血圧患者800人を登録、降圧治療下で5年以上追跡する全国規模の多施設臨床試験で、PWV値の意義を縦断的に調べる大規模研究はこれが初めて。10月31日の一般演題「脈波」では、研究代表者の宗像正徳氏(東北労災病院勤労者予防医療センター)が、研究の背景とデザイン、進捗状況を報告した(詳細はこちらへ)。