日経メディカルのロゴ画像

2003.11.04

【日本高血圧学会速報】 アドレノメデュリンから広がる新たな展開、“脈圧”を標的にした降圧薬開発へ−−会長講演より

 10月31日の会長講演「高血圧治療の展望−アドレノメデュリンからの視点」では、宮崎大学第一内科教授で同大学附属病院長の江藤胤尚氏が、同教室などで発見された降圧ペプチド「アドレノメデュリン」の多彩な作用を解説。昇圧抑制と降圧促進を併せ持ち、弾性血管の硬化を阻止し得るユニークな機能が、“脈圧”をターゲットとした降圧薬開発のヒントとなると論じた(詳細はこちらへ)。