日経メディカルのロゴ画像

2003.10.25

日本光電、マスク、ガウンなどをまとめた感染防止用品キットを発売

 日本光電は、重症急性呼吸器症候群(SARS)などの感染症に罹患している疑いがある患者から医療従事者への感染を防ぐ用品をまとめたキット「ZK-300」「ZK-400」を10月中旬から出荷を開始した。

 ZK-300は、主としてSARSなどの感染の疑いがある患者が医療機関を受診した際、対応する医療従事者への感染を防ぐためのキットで、ほぼ全身を保護する内容になっている。使い捨てで、価格は一人用で6100円。内容は、医療従事者装着用のガウン、N95マスク、靴カバー、フェイスシールド、帽子、滅菌済みゴム手袋で、これらに加えて、飛まつ防止のため患者に装着するサージカルマスクと廃棄物処理袋が含まれている。

 ZK-400はZK-300の簡易版に当たり、ガウン、N95マスク、滅菌済みゴム手袋をセットしている。価格は一人用で2200円。同社ではこのほか、感染症患者搬送用キットとして、搬送従事者3人分と清掃担当者一人分、患者一人分の防護用品をまとめた「ZK-100」を今年7月に発売している。

 製品の詳細や問い合わせ先は同社ホームページまで。(中沢真也)