日経メディカルのロゴ画像

2003.09.30

【欧州呼吸器学会速報】 睡眠時無呼吸が1時間に14回以上で、心臓血管疾患や高血圧のリスクが約2倍に

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)と心臓血管疾患、高血圧の関係について、1000人規模の8年間に及ぶ追跡調査が発表された。「1時間に14回以上、睡眠時無呼吸がある」人は、「無呼吸がない、あるいは1時間に3回までの無呼吸がある」人に比べ、心臓血管疾患になるリスクが約2倍になるという。さらに、同じ研究で160/100mmHg以上の高血圧になるリスクも約2倍だと報告された。オーストリアのウイーンで開かれている欧州呼吸器学会で9月28日、スペインのJoaquin Duran-Cantolla氏(Respiratory Unit of Sleep Disorders,Txagorritxu hospital)が発表した(詳細はこちらへ)。