日経メディカルのロゴ画像

2003.09.30

【欧州呼吸器学会速報】 睡眠時無呼吸が1時間に14回以上で、心臓血管疾患や高血圧のリスクが約2倍に

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)と心臓血管疾患、高血圧の関係について、1000人規模の8年間に及ぶ追跡調査が発表された。「1時間に14回以上、睡眠時無呼吸がある」人は、「無呼吸がない、あるいは1時間に3回までの無呼吸がある」人に比べ、心臓血管疾患になるリスクが約2倍になるという。さらに、同じ研究で160/100mmHg以上の高血圧になるリスクも約2倍だと報告された。オーストリアのウイーンで開かれている欧州呼吸器学会で9月28日、スペインのJoaquin Duran-Cantolla氏(Respiratory Unit of Sleep Disorders,Txagorritxu hospital)が発表した。

 Duran-Cantolla氏率いる研究チームは、30〜70歳までの1050人の一般男性を抽出。聞き取りおよび睡眠ポリグラフ検査で、1時間に何回無呼吸があるかを調べた。その後、追跡できた957人に対し、無呼吸の頻度に応じて、1時間に「0〜2.9回」「3〜6.9回」「7〜13.9回」「14回以上」の4群に分けて分析した。

 その結果、無呼吸の頻度が高いほど、心臓血管疾患が増加。中でも「0〜2.9回」群の心臓血管疾患の割合は3.6%だったが、「14回以上」では、12.6%とおよそ3.5倍になった。年齢、BMI、およびアルコールやタバコ、コーヒー、運動の習慣などを調整して比較したところ、「0〜2.9回」に比べ、「14回以上」群の心臓血管疾患のリスクは1.9倍と約2倍近くになった。

 さらに、高血圧でなかった658人に対して、同様に分析。「0〜2.9回」群に比べると、「14回以上」群では、160/100mmHg以上の高血圧になるリスクは、2.1倍になった。ちなみに、140/90mmHg以上の高血圧になるリスクは、1.3倍だった。

 Duran-Cantolla氏は「さらに長期的に追跡すれば、もっとクリアな結果が出るだろう」と話している。
(白澤淳子、日経ヘルス