日経メディカルのロゴ画像

2003.09.25

コーヒーが運動中の筋肉痛を防ぐ−−米研究

 コーヒーにはどうやら、運動中の筋肉の痛みを和らげる効果があるらしい。男子大学生16人の協力で行われた米国の実験で、スポーツ中の筋肉の痛みが、カフェイン入りカプセルを飲んだ時に軽くなることが確認された。ただし、普段からコーヒーを飲む習慣がある人では、体がカフェインに慣れているためか効果が薄かったという。研究結果は、the Journal of Pain誌8月号に掲載された。

 この研究を行ったのは、米国Georgia大学運動科学部門のRobert W. Motl氏ら。男子大学生に自転車を、比較的楽なペース(60%VO2peak)で30分こいでもらい、運動中の太ももの痛みを評価してもらった。

 運動の1時間前には、カフェインが入ったカプセル、または外観がそっくりなプラセボ(偽薬)を服用。実験は日を分けて2回行い、学生の半分は1回目にカフェインカプセル、2回目にプラセボを服用した。残りの半分は1回目にプラセボ、2回目にカフェインカプセルを飲んだ。もちろん、本人にも試験者にも、どちらのカプセルを飲んだかはその場でわからないようにした。

 すると、1回目、2回目のどちらで飲んだかには関わらず、カフェインカプセルを飲んだ時の方が、太ももの痛みが軽いことが判明。ただし、普段からコーヒーを良く飲んでいる学生では、痛みの軽減効果は少なかったという。

 「カフェインを摂取すると、自転車こぎのような耐久型運動のパフォーマンスが良くなると報告されているが、今回示された筋肉痛の軽減がその一因となっているのでは」と研究グループはみる。ただし、これはあくまでも「運動中の」筋肉痛に対するもの。運動した後の筋肉痛に対する効果のほどは不明なのでご用心を。

 この論文のタイトルは、「Effect of caffeine on perceptions of leg muscle pain during moderate intensity cycling exercise」。アブストラクトは、こちらまで。(内山郁子)