2003.09.11

【日本心臓病学会速報】 睡眠時の呼吸障害、うっ血性心不全の独立した予後因子に

 うっ血性心不全による入院患者連続100人を前向きに追跡した研究で、患者の4割が睡眠時の呼吸障害(SDB)を合併しており、SDBの合併者では総死亡率や再入院率が有意に高いことが明らかになった。うっ血性心不全患者には特に中枢型の睡眠時無呼吸症候群が多いことが知られているが、今回の研究でSDBが年齢や心機能などとは独立した予後規定因子であることもわかり、「より早期の診断・治療を含めた積極的な介入が必要」と研究グループは強調している。研究結果は、順天堂大学循環器内科の大村貴康氏らが、9月10日の一般口演で報告した。

 解析対象は、左心不全で入院し、退院直前に神経体液性因子と睡眠中の酸素飽和度(SaO2)を測定、3カ月以上追跡できた連続100人。平均年齢は61.8歳、8割が男性で、平均体格指数(BMI)は21.8。4割が虚血性の心不全でNYHA心機能分類の2〜3度が68%を占め、左室駆出率(LVEF)の平均値は29%だった。

 酸素飽和度低下指数(4%ODI;睡眠中にSaO2が4%以上低下した1時間当たりの回数)が5以上をSDBと定義すると、100人中41人がSDBを合併していることが判明。睡眠中の平均SaO2はSDB合併者で有意に低く(95.3%対96.9%)、BMIは有意に高かった(23.0対20.1)が、年齢や男女比、神経体液性因子検査値などに有意差はなかった。

 追跡期間中の再入院率は、総再入院(51%対27%)、心不全による再入院(34%対15%)のいずれも、SDB合併者で有意に多いことが判明。死亡率についても、総死亡が29%対2%、心不全死が15%対0%となり、いずれもSDB合併者で有意に多かった。

 次に大村氏らは、多変量解析で総死亡や総再入院に対する予後規定因子を検討した。その結果、総死亡に関してはLVEF低値、ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)高値とSDB、総再入院では脳性ナトリウム利尿ホルモン(BNP)高値とSDBが独立した予後因子であることがわかり、SDBを合併している人では死亡、再入院のいずれもリスクが高いことが明らかになった。一方、年齢やNYHA分類、腎機能(クレアチニン値で評価)と予後とに相関は認められなかった。

 大村氏らは今回得られた結果を「うっ血性心不全患者では高率にSDBの合併があり、かつSDBは独立した予後因子である」と総括。今後、どの時点でSDBに対する治療を、どのような方法で行うかについて検討を進める必要があると話した。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  3. くも膜下出血を否定、次に疑うべきは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. ゲノム編集で遺伝性疾患の根治的治療が視野に トレンド◎⽇本の技術集積で進化する「ゲノムの外科治療」
  5. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
  6. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
  7. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  8. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  9. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  10. 都市の緑化では木陰を作る樹木が良い? JAMA Network Open誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正