2003.08.05

【SARS速報】 SARSウイルス・プロテアーゼの高解像度3次元データがPDBで公開

 重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こすコロナウイルス(SARSウイルス)の、蛋白分解酵素(プロテアーゼ)の立体構造が、論文発表に先立ち蛋白立体構造の公的データベースであるProtein Data Bank(PDB)上に公開された。PDB上には既に、SARSウイルス・プロテアーゼの立体構造が3件公開されているが、これらは全てSARSウイルス以外のコロナウイルスのX線解析像などに基づく予測構造。SARSウイルスそのもののX線解析像に基づく立体構造の公開は初めてで、抗SARSウイルス薬の開発に弾みが付きそうだ。

 この構造解析を行ったのは、シンガポール国立Genome研究所と米国Structural GenomiX社(SGX社)の共同研究グループ。SARSウイルスを結晶化して得られたX線解析像に加え、SARSウイルスのゲノム配列を参照することで、1.86オングストロームという高解像度で3次構造を決定することに成功したという。

 SARSウイルスの主要プロテアーゼ(Mpro)はウイルスの複製を担っており、この働きを阻害することで、SARSの治療薬を開発できる可能性がある。SGX社では、PDBを通してSARSウイルス・プロテアーゼの立体構造を広く公開することで、SARS治療薬の開発を促進すると共に、共同研究の機会を広げたいとしている。

 今回公開された立体構造は、PDBのホームページにアクセスし、アーカイブ検索欄にIDコード「1Q2W」を入力することで表示できる。この件に関するSGX社のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正