2003.08.01

【後発品に関する意識調査】その3 「後発品(商品名)の処方せんを受け付けたことがある」は95.5%

 日経ドラッグインフォメーションとMedWaveが5月に実施した「後発品に関する意識調査」の結果を報告する。保険薬局の開設者または保険薬局への勤務薬剤師を対象に実施したもので、厚生労働省が後発品の使用促進策を打ち出して以来、後発品の使用に対して、現場の薬剤師がどのように受け止め、実際にどのように対応しているのかを尋ねた。調査期間は5月9日から22日。調査協力者は242人だった。

 調査では、実際に後発品(商品名)の処方せんを受け付けたことがあるかどうか尋ねた。その結果、「ある」と答えた人が231人(95.5%)で圧倒的に多く、「ない」は10人(4.1%)に過ぎなかった(図1)。

 次に、受け付けたことがあると回答した231人に、「受け付けた処方せんに書かれた後発品の備蓄がなかった場合の基本的な対応」を尋ねた。

 「卸や近隣薬局、備蓄センターから取り寄せる」が73.6%で最も多く、処方に忠実であろうとする基本姿勢が強くうかがえた。これは、「処方医に照会し、先発品に処方変更してもらう」が12.1%、「処方医に照会し、備蓄のある別の後発品に処方変更してもらう」が4.8%だった点からも指摘できる。一方で、「当該後発品の備蓄がある薬局を紹介する」は1.7%と少なかった(図2)。



 調査では、最近導入された「一般名の処方せん」の普及の度合いをみるため、一般名の処方せんを受け付けたことがあるかどうかも尋ねた。

 その結果、「ある」が43.0%、「ない」が56.2%で、普及率は50%に迫る勢いにあった(図3)。(三和護)



■ 関連トピックス ■
◆ 2003.7.31 後発品に関する意識調査】その2
使用量の多い薬剤の後発品、「処方元の医師・医療機関が採用すれば備蓄する」と回答した人が73.6%

◆ 2003.7.30 後発品に関する意識調査】その1
後発品の使用を「積極的に推進すべき」と回答した薬剤師は27.3%

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正