日経メディカルのロゴ画像

2003.07.08

ノバルティス、抗真菌薬「ラミシール」のスプレー剤を発売

 ノバルティス ファーマは7月7日、アリルアミン系抗真菌薬の塩酸テルビナフィン(商品名:ラミシール)の外用新剤型として、スプレー製剤「ラミシール スプレー」を発売した。水虫治療などに使われる外用の抗真菌薬は、市販薬ではスプレー製剤が多数発売されているが、医療用では初めて。

 「ラミシール」には内服の錠剤、外用のクリーム剤と液剤があり、今回発売されたスプレー剤は液剤と同一組成。適応症もクリーム剤・液剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風)で、1日1回使用する点も同じだが、スプレー剤には患部に直接触れずに薬液を広範囲に付けられる利点がある。

 薬価は1%1gが87.80円で、クリーム剤・液剤(1%1g58.80円)の約1.5倍。利便性と価格との兼ね合いが医師や患者にどう評価されるかが注目される。なお、塩酸テルビナフィンは昨年、一般用医薬品への転用(スイッチOTC)が承認されているが、一般用医薬品としての開発は未定だという。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)