2003.07.08

ノバルティス、抗真菌薬「ラミシール」のスプレー剤を発売

 ノバルティス ファーマは7月7日、アリルアミン系抗真菌薬の塩酸テルビナフィン(商品名:ラミシール)の外用新剤型として、スプレー製剤「ラミシール スプレー」を発売した。水虫治療などに使われる外用の抗真菌薬は、市販薬ではスプレー製剤が多数発売されているが、医療用では初めて。

 「ラミシール」には内服の錠剤、外用のクリーム剤と液剤があり、今回発売されたスプレー剤は液剤と同一組成。適応症もクリーム剤・液剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風)で、1日1回使用する点も同じだが、スプレー剤には患部に直接触れずに薬液を広範囲に付けられる利点がある。

 薬価は1%1gが87.80円で、クリーム剤・液剤(1%1g58.80円)の約1.5倍。利便性と価格との兼ね合いが医師や患者にどう評価されるかが注目される。なお、塩酸テルビナフィンは昨年、一般用医薬品への転用(スイッチOTC)が承認されているが、一般用医薬品としての開発は未定だという。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン6】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:18
  2. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1816
  3. 若い女性の膀胱炎の診断に尿検査は必須? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:50
  4. 79 歳女性。体幹・四肢の環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:1
  5. 「無給医」は法律上、あり得ないのか 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:42
  6. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  7. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:333
  8. 寄り添う看護 病院珍百景 FBシェア数:59
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1352
  10. 医療需要の急減に備え、データに基づく経営判断を 日本病院会副会長・大道道大氏に聞く FBシェア数:19
医師と医学研究者におすすめの英文校正