2003.07.08

ノバルティス、抗真菌薬「ラミシール」のスプレー剤を発売

 ノバルティス ファーマは7月7日、アリルアミン系抗真菌薬の塩酸テルビナフィン(商品名:ラミシール)の外用新剤型として、スプレー製剤「ラミシール スプレー」を発売した。水虫治療などに使われる外用の抗真菌薬は、市販薬ではスプレー製剤が多数発売されているが、医療用では初めて。

 「ラミシール」には内服の錠剤、外用のクリーム剤と液剤があり、今回発売されたスプレー剤は液剤と同一組成。適応症もクリーム剤・液剤と同じ(白癬、皮膚カンジダ症、癜風)で、1日1回使用する点も同じだが、スプレー剤には患部に直接触れずに薬液を広範囲に付けられる利点がある。

 薬価は1%1gが87.80円で、クリーム剤・液剤(1%1g58.80円)の約1.5倍。利便性と価格との兼ね合いが医師や患者にどう評価されるかが注目される。なお、塩酸テルビナフィンは昨年、一般用医薬品への転用(スイッチOTC)が承認されているが、一般用医薬品としての開発は未定だという。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正