日経メディカルのロゴ画像

2003.07.03

【SARS速報】 トロントも「最近の地域内伝播」が疑われる地域から外れる

 世界保健機関(WHO)は7月2日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の「最近の地域内伝播」が疑われる地域からカナダのトロントを外した。6月12日以降新たな患者の報告がなかったためで、これで「最近の地域内伝播」が疑われる地域は、台湾を残すのみとなった。

 カナダの累積患者数は7月2日現在で252人、そのうち死者は38人となっている。カナダのトロントはSARS感染が確認された当初から、「最近の地域内伝播」が疑われる地域に指定され、4月23日には渡航延期勧告も出されていた。

 その後、4月30日には渡航延期勧告が解除になり、5月14日には感染地域からもはずされた。

 しかし、5月26日、カナダは再流行という苦い経験をすることになる。5月2日の二人を最後に発生していなかったカナダから、同日8人の新規患者報告があり、制圧の失敗が明らかになった。そのうち死者は3人だった。このためWHOは同日、「最近の地域内伝播」が疑われる地域にカナダのトロントを再指定したのだった。

 この苦い経験は、他の国も共有すべきだろう。渡航延期勧告が出るとその地域の観光産業に大きな影響を与えるのは間違いない。長引けば航空産業をはじめ他の産業にも拡大しかねない。たとえば、初めて渡航延期勧告が出されたときの「トロント市長の怒りの会見」のように、当局側は産業への痛手を最小限にしたいがために制圧を急ぎがちとなる。そこに落とし穴が待ち受けていたのだ。

 感染指定地域から外れた今こそ、カナダには再流行の原因を検証し、その結果を公開する責任があると思う。

 WHOのリリースは、「Update 93」まで。(三和護)