2003.07.03

CDCがげっ歯動物にサル痘ウイルスを確認、4月にガーナから輸入

 米国疾病対策センター(CDC)は7月2日、アフリカから輸入したげっ歯類から、サル痘ウイルスが確認されたと発表した。このげっ歯類は、今年4月9日にガーナから米国に輸入されたもので、ガンビア・ジャイアントラット1匹とヤマネ3匹、ロープリス2匹。これらが、今回の米国でのサル痘流行の原因と考えられている。CDCは、これらげっ歯類と一緒に輸入された全ての動物と、感染が疑われる動物と接触したプレーリードッグを、隔離して安楽死させることを勧告した。

 CDCなどはこれまでに、32人のサル痘感染者を確認している。これを含め、サル痘の疑い例と可能性例は合わせて81人に上るという。

 サル痘は、主に中央アフリカや西アフリカの雨林地域で見られ、今回の米国での流行は、西半球では初めてとされている。CDCは、サル痘によるアフリカでの死亡率は感染者の1〜10%程度だが、米国での死亡率はそれより低いと予測している。なお、CDCは6月11日、サル痘に感染する可能性が高いと考えられる人に対し、天然痘ワクチンの投与を行うよう勧告した。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。また、サル痘に関する情報は、http://www.cdc.gov/ncidod/monkeypox/index.htmまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍に リポート◎血圧の季節変動は独立した危険因子 FBシェア数:89
  2. 当直医制とかタスクシフトって本当にできる? Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:124
  3. CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイント Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:95
  4. 突合点検で発見される診療情報提供料の請求ミス あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:28
  5. 難治性の咳嗽に慢性疼痛治療薬が効く!? 名古屋市立大学呼吸器・免疫アレルギー内科教授の新実彰男氏に聞く FBシェア数:153
  6. 社会的孤立という病には社会的処方も一案 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:99
  7. 院外でも使える外傷患者の大量輸血予測指標提唱 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:174
  8. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:133
  9. もう、いんじゃね? 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:33
  10. 薬剤師っていらなくない? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:62
医師と医学研究者におすすめの英文校正