2003.07.03

ILCOR勧告が改訂、1〜8歳の小児へのAED使用を容認

 国際蘇生法連絡委員会(ILCOR)はこのほど、小児への自動体外式除細動器(AED)使用に関する勧告を改訂した。1〜8歳までの小児に対し、1分間心肺蘇生術(CPR)を施しても循環が回復しないことを確認した上で、AEDを使用してもよいとするもの。米国では2年前から1〜8歳の小児向けAEDが市販されており、これを追認する形となった。改訂勧告は、米国心臓協会(AHA)の学術誌であるCirculation誌7月1日号のほか、Pediatrics誌7月号、Resuscitation誌6月号に掲載された。

 ILCORは、CPRなど心肺蘇生に関する施術について、世界的な標準を策定する組織。小児へのAED使用に関しては、2000年に発表した勧告で、8歳未満への使用は勧められないとしていた。

 改訂勧告では、前回勧告時にはなかった、8歳以下の小児向けに放電量を減らしたAEDが既に市販されたことを指摘。AEDに組み込まれた自動心電計では小児の頻拍を心室細動と誤診する恐れは依然残るものの、小児用の解析プログラムを搭載したAEDであれば、1〜8歳の小児に使用してもよいとした。

 ただし、AEDを使用する前には、少なくとも1分間はCPRを行うよう勧告。また、1歳未満の小児については、AEDの使用の可否を判断するだけのエビデンスが不足しているとしている。

 この勧告のタイトルは、「Use of Automated External Defibrillators for Children: An Update: An Advisory Statement From the Pediatric Advanced Life Support Task Force, International Liaison Committee on Resuscitation」。現在、こちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。この件に関するAHAのニュース・リリースは、こちらまで。2001年5月に発表された、小児向けAED装置の承認に関する米国食品医薬品局(FDA)のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン4】異常陰影を指摘せよ(難易度 高) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:3
  2. 「基本3点セット」でせん妄をコントロール ケーススタディー◎睡眠マネジメントで術後せん妄を防ぐ静岡がんセンター FBシェア数:7
  3. 「この治療は意味があるのかな?」と思ったら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:72
  4. 外国人患者の来院への備え、ここがポイント 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:5
  5. 日大は卒業生の子女を優先して追加合格 NEWS FBシェア数:6
  6. 腸内細菌の研究が活況、しかし課題も 記者の眼 FBシェア数:11
  7. 60歳代女性。肝障害の精査 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:1
  8. 震える指が指した50音ホワイトボードの「ありがと… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 奇想の絵師8人が大集合する「奇想の系譜展」 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  10. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:52
医師と医学研究者におすすめの英文校正