2003.07.02

たばこの箱の警告表示、肺癌など具体的な病名入りに

 たばこの箱に表示されている「あなたの健康を損なうおそれがありますので吸いすぎに注意しましょう」というおなじみの文言が十数年ぶりに変わる。「肺癌」「心筋梗塞」など具体的な病名を挙げ、「死亡する危険が高くなる」といった警告的な表現になる。7月1日に開催された財務省の財政制度等審議会たばこ事業等分科会で決まった。世界保健機関(WHO)で5月に採択された「たばこ規制枠組み条約」を受けて改定するもので、たばこ事業者などへのヒアリングを実施した上で、できるだけ早く変更するという。

 注意表示は、肺癌、心筋梗塞、脳卒中、肺気腫と、妊婦の喫煙、受動喫煙、ニコチンによる喫煙への依存、未成年者の喫煙の8種類。これを順次表示する。表示の組み合わせや登場の順序などは今のところ未定。WHOの規定では、「パッケージの両面の50%以上を占めるべきであり、少なくとも30%を下回らないものとする」と規定している。財務省ではこのうち低い基準を採用し、30%以上の面積に注意表示を義務付ける意向だ。

 改定を予定している注意表現は、EUやカナダよりはかなり控えめで、米国並みの水準。今般の一部製品値上げと相まって、先進国では群を抜いて高い男性の喫煙率の低下につながるかどうか、新パッケージ登場を見守りたい。

 改定文言など財政制度等審議会たばこ事業等分科会の資料はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 腹部X線写真であの臓器が見え過ぎていたら 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:62
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:529
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:278
  4. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:145
  5. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:824
  6. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:303
  7. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:70
  8. 開業医の妻としてぜひ果たしたい「最後の大役」 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:21
  9. グリニド:シュアポストがごぼう抜きで首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:48
  10. 新しいめまい疾患PPPDの問診票を作成 学会トピック◎第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正