2003.06.25

冠動脈疾患の予防・治療に運動療法を、医師自らの運動実施も推奨−−AHA声明

 米国心臓協会(AHA)は6月24日、動脈硬化性冠動脈疾患の予防・治療に関する運動療法に対し、同学会の見解を表明する声明を発表した。声明では、1995年に発表、「中等度の運動・1日30分以上」を推奨した米国疾病予防センター(CDC)/米国運動医学会(ACSM)のガイドラインを支持。さらに、運動療法を行う医師自らが活動的な生活習慣を身に付け、患者の規範(positive example for patients)となるべきだとした。声明文は、同日付のCirculation誌に掲載された。

 AHAが冠動脈疾患の予防・治療に関する運動療法について、声明を発表するのは1992年以来11年ぶり。前回の声明は、運動不足(身体活動性が低い)も冠動脈疾患の重要な危険因子の一つであることを強調するものだった。

 今回の声明は、主にその後に得られた種々のエビデンスを総合的に紹介。軽度高血圧の治療や2型糖尿病発症の予防など、運動不足を解消する介入によって様々な健康効果が得られることを示した。心不全患者に対しても、今年3月に発表した声明(関連トピックス参照)を例に挙げ、「治療としての運動療法」の有効性を強調した。

 また、運動処方前に運動負荷試験を行うべきかについては、賛否両論があると前置きしつつも、中等度の運動を行う人全員に負荷試験を行う必要はないとの見解を提示している。

 この声明のタイトルは、「Exercise and Physical Activity in the Prevention and Treatment of Atherosclerotic Cardiovascular Disease」。現在、全文をこちらで閲読できる。この件に関するAHAのニュース・リリースは、こちらまで。CDC-ACSMのガイドラインは、CDC旧ホームページのこちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.3.5 「重症心不全患者にも運動療法を」、AHAが声明

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  2. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  3. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 新人ナースを卒業したとき 病院珍百景
  5. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  6. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  7. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 相変わらず遅れている日本のワクチン政策 仏サノフィ・パスツールの上級副社長、デヴィッド・ロウ氏に聞く
  9. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  10. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
医師と医学研究者におすすめの英文校正