日経メディカルのロゴ画像

2003.06.11

グラクソ・スミスクライン、片頭痛治療薬イミグランの点鼻製剤を発売

 グラクソ・スミスクラインは6月9日、片頭痛治療薬「イミグラン点鼻液20」(一般名:スマトリプタン)を発売した。薬価は1個(20mg、0.1ml)が1171.10円。イミグラン製剤としては、2000年4月に注射剤「イミグラン注3」、2001年8月に経口剤「イミグラン錠50」が発売されている。

 点鼻タイプのトリプタン製剤は日本初で、鼻粘膜から吸収することにより、血中移行が速く、投与後15分で効果を発現することが判明しており、注射薬に近い即効性を持つ。また片頭痛は、頭痛に伴って高率に吐気と嘔吐を伴うため、いったん頭痛が始まると経口剤を服用できないことが多い。点鼻剤とすることで、吐気・嘔吐が伴っている場合にも投与できるという利点がある。(中沢真也)

■関連トピックス■
◆ 2003.6.11 厚労省、ゼローダ錠など新医薬品5品目の薬価収載を官報告示