2003.05.30

【循環器治療の最新動向に関する調査】(その3)  注目率1位はALLHATで92%



 3月29から31日までの3日間、福岡で開催された日本循環器学会を機に、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施した。3月29日にMedWaveの会員を対象に、webアンケート調査への協力を呼びかけ、インターネット上のアンケート画面で回答を回収した。約2週間で75人の協力が得られた。本日からその結果概要を報告する。

 調査では、循環器系の大規模臨床試験で最近結果が発表されたものから、LIFE、SCOPE、OPTIMAAL、HERS-2、WHI、HPS、PROSPER、ALLHATを提示。「注目していたかどうか」「結果は期待通りだったか」「期待に反するものはどれか」「今後の診療に影響を与えるには何か」などを聞いた。

 その結果、まず「注目していたもの」で回答が最も多かったのは、注目率1位はALLHATで回答者の92%が挙げ、他を大きく引き離す結果だった(図。詳しくはこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  4. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  5. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  6. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  7. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  8. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  9. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. 製薬企業から“離れた”学術講演会目指す NEWS
医師と医学研究者におすすめの英文校正