2003.05.28

三共、週1回投与タイプのインフルエンザ薬開発で豪Biota社と提携

 三共は5月27日、豪州Biota社と、長時間作用型の抗インフルエンザウイルス薬の共同事業化で合意したと発表した。Biota社は、抗インフルエンザウイルス薬のザナミビル(商品名:リレンザ)を開発、英国GlaxoSmithKline(GSK)社に導出したことで知られる医薬ベンチャー。両社はそれぞれ独自に長時間作用型抗インフルエンザウイルス薬を開発しており、今後は特許の相互ライセンスなどを通し事業化を進める。

 三共が開発した候補薬「R-118958」は、既に欧州で第1相試験を実施しており、Biota社が開発した候補薬「Flunet」は前臨床段階。いずれも、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが体内で拡散する際の鍵酵素、ノイラミニダーゼに対する阻害薬で、1回の投与で効果が1週間持続することが特徴だ。

 ノイラミニダーゼ阻害薬は、既にザナミビルとオセルタミビル(商品名:タミフル)が市販されているが、いずれも1日2回5日間の吸入・服用が必要。週1回の投与で済めば、治療だけでなく予防的な使用にもメリットが大きい。

 三共によると、両社は今後「R-118958」を第一の開発候補化合物、「Flunet」をバックアップ化合物として、開発・商業化を行う導出先選定などを行う。Biota社によると、「R-118958」は2004年にも第2相試験を開始するという。この件に関する三共のニュース・リリースはこちら(PDF形式)、Biota社のニュース・リリースはこちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 準強制わいせつ疑惑の乳腺外科医に無罪判決 NEWS FBシェア数:1188
  2. ERと鎮静――患者はどんな夢を見る? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  3. 悪液質症候群になったら栄養と補液をどうする? 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:90
  4. 日齢20、女児。発作性の咳嗽 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 変わる学術大会を裏方はこう分析する 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《4》 FBシェア数:45
  6. 日本初の「自動車運転外来」って何をするの? トレンド◎増加する高齢ドライバー、リハビリで運転能力向上を目指す FBシェア数:27
  7. 徳田安春氏からの挑戦状に挑んだ若手研修医たち Cadetto通信 FBシェア数:144
  8. まずは爪の解剖学をよく理解しておきましょう 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:86
  9. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:263
  10. 朝食摂取習慣は必ずしも減量に貢献しない BMJ誌から FBシェア数:152
医師と医学研究者におすすめの英文校正