2003.05.28

三共、週1回投与タイプのインフルエンザ薬開発で豪Biota社と提携

 三共は5月27日、豪州Biota社と、長時間作用型の抗インフルエンザウイルス薬の共同事業化で合意したと発表した。Biota社は、抗インフルエンザウイルス薬のザナミビル(商品名:リレンザ)を開発、英国GlaxoSmithKline(GSK)社に導出したことで知られる医薬ベンチャー。両社はそれぞれ独自に長時間作用型抗インフルエンザウイルス薬を開発しており、今後は特許の相互ライセンスなどを通し事業化を進める。

 三共が開発した候補薬「R-118958」は、既に欧州で第1相試験を実施しており、Biota社が開発した候補薬「Flunet」は前臨床段階。いずれも、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが体内で拡散する際の鍵酵素、ノイラミニダーゼに対する阻害薬で、1回の投与で効果が1週間持続することが特徴だ。

 ノイラミニダーゼ阻害薬は、既にザナミビルとオセルタミビル(商品名:タミフル)が市販されているが、いずれも1日2回5日間の吸入・服用が必要。週1回の投与で済めば、治療だけでなく予防的な使用にもメリットが大きい。

 三共によると、両社は今後「R-118958」を第一の開発候補化合物、「Flunet」をバックアップ化合物として、開発・商業化を行う導出先選定などを行う。Biota社によると、「R-118958」は2004年にも第2相試験を開始するという。この件に関する三共のニュース・リリースはこちら(PDF形式)、Biota社のニュース・リリースはこちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:24
  2. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:73
  3. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:68
  4. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:402
  5. 女子研修医の恋バナ 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:15
  6. 潰瘍性大腸炎に新薬続々、使い分けのヒントは リポート◎新機序の抗体医薬とJAK阻害薬が腸管免疫を抑制 FBシェア数:42
  7. 13歳女性。左前腕から肘にかけての痛み 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 最後の言葉は、次の電車が来る前に テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:161
  9. 非コードRNAが「精密医療」の鍵に 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」 FBシェア数:9
  10. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:84
医師と医学研究者におすすめの英文校正