2003.05.26

【糖尿病学会速報】 2型糖尿病患者の肥満度に日米で大差、JDCSの中間報告から

 1996年に開始された2型糖尿病患者に対するライフスタイル介入の有効性を検討する厚生省(当時)班研究の「Japan Diabetes Complcations Study(JDCS)」の中間報告で、患者の肥満度が非常に軽く、一般人口と大差ないこと、開始5年間で、介入群のHbA1cがわずかだが非介入群に比べて有意に低くなったことなどが報告された。5月23日に開催された糖尿病学会学術集会の一般口演の「疫学、統計、死因1」で筑波大学内科の曽根博仁氏が発表した。

 日本人の2型糖尿病患者の肥満度は、白人の2型糖尿病患者だけを対象とした英国の前向き調査(UK Prospective Diabetes Study)参加者に比べて、極めて低く、一般人口の平均値と大差ないことを明らかにした。JDCS開始時の参加者の平均BMIは23.1で、一般人口の平均である22.7とほとんど変わりなかった。これに対してUKPDS参加9年目の白人患者のBMI平均値は29.5で、日本人患者と比較して大幅に高いのはもちろん、英国の一般人口の平均値である24.1と比較しても5以上も高く、病態の背景が大きく異なる可能性を指摘した。

 虚血性心疾患の発症リスクは、久山町研究コホートが5.0(1000人年あたりの発症数)であるのに対して6.7とやや高く、曽根氏は、「UKPDSの17.4(介入群)にはまだ差があるものの、しだいに欧米に近づいてくるのではないか」と推測していた。

 ライフスタイル介入の効果については、JDCS開始後6年間のうち、2、3、4、5年目には介入群と非介入群でHbA1c値の有意差が見られた。ただし、両者の差は最大で0.2%程度とわずかしかなかった。これについては、「対象が糖尿病専門施設の患者であり、非介入群でも必然的に教育などが行われる。このため、非介入群でもHbA1cが低下しており、(両群の比較では介入群の)過小評価をしている可能性が高い」(曽根氏)としていた。

 JDCSは全国59カ所の糖尿病専門施設の外来に通院中の2型糖尿病患者2205人を対象とした前向き研究で、無作為抽出により、介入群にはライフスタイル変容を目指して、電話指導や資料送付などの強化療法を、非介入群には従来の外来治療を継続している。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:619
  2. 同級生が設計してくれた医院に思わぬ落とし穴 開業の落とし穴 FBシェア数:21
  3. 73歳男性。露光部に多発する落屑・痂皮・びらんを… 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. ディオバン論文不正事件で判決、二審も無罪 薬事法違反を巡る裁判で一審を支持 FBシェア数:166
  5. 世界標準のOPATが日本で普及しない理由 成田赤十字病院/亀田総合病院 感染症科部長の馳亮太氏に聞く FBシェア数:129
  6. ダパグリフロジンで心血管リスクは増加せず 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:10
  7. クロピドグレルと併用するならどのPPIがいい? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:20
  8. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:32
  9. AIやIoTを駆使し医療の質や患者満足度を上げる リポート◎倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは? FBシェア数:55
  10. 医師に求められる緩和ケアのスキルとは シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《4》 FBシェア数:24
医師と医学研究者におすすめの英文校正