2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研、家庭でできるSARSウイルスの消毒指針を改訂

 国立感染症研究所は5月15日、4月に公表した急性重症呼吸器症候群(SARS)が疑われる、あるいは可能性がある患者が発生した場合の家庭や職場で実施できる消毒法指針を改訂した。SARSコロナウイルスに対する消毒剤の適用(例、5月22日改訂)を追加したほか、「感染経路が完全には解明されていないことなど」を考慮し、「疑い例」「可能性例」の患者に関連した家庭や職場での消毒を行う場合は、「医療機関での対応に準じることが望ましい」との見解を示した。具体的には、N95マスク(最低限)、手袋(両手)、ゴーグル、使い捨てガウン、エプロン、汚染除去可能な履物で個人的な防御を行った上で行うことが望ましいとした。

 指針は、1.家庭や職場、2.職場や集合住宅の共用部分−−の2部構成。ドアノブや照明のスイッチ、コンピューターのキーボード・マウス、水道の蛇口、エレベーターのボタンなど、SARSが疑われる患者の手が触れた可能性が高い場所を中心に消毒するよう勧めている。

 消毒には、家庭用の塩素系漂白剤(商品名:ハイター、ブライトなど)を薄めて使用。通常の場所は100倍、特に手などが触れる部分には50倍に希釈して用いる。衣類や寝具などは、熱湯消毒してから洗濯機で洗う。

 詳しくは、国立感染症研究所ホームページの「家庭・職場における消毒の指針」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正