2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研、家庭でできるSARSウイルスの消毒指針を改訂

 国立感染症研究所は5月15日、4月に公表した急性重症呼吸器症候群(SARS)が疑われる、あるいは可能性がある患者が発生した場合の家庭や職場で実施できる消毒法指針を改訂した。SARSコロナウイルスに対する消毒剤の適用(例、5月22日改訂)を追加したほか、「感染経路が完全には解明されていないことなど」を考慮し、「疑い例」「可能性例」の患者に関連した家庭や職場での消毒を行う場合は、「医療機関での対応に準じることが望ましい」との見解を示した。具体的には、N95マスク(最低限)、手袋(両手)、ゴーグル、使い捨てガウン、エプロン、汚染除去可能な履物で個人的な防御を行った上で行うことが望ましいとした。

 指針は、1.家庭や職場、2.職場や集合住宅の共用部分−−の2部構成。ドアノブや照明のスイッチ、コンピューターのキーボード・マウス、水道の蛇口、エレベーターのボタンなど、SARSが疑われる患者の手が触れた可能性が高い場所を中心に消毒するよう勧めている。

 消毒には、家庭用の塩素系漂白剤(商品名:ハイター、ブライトなど)を薄めて使用。通常の場所は100倍、特に手などが触れる部分には50倍に希釈して用いる。衣類や寝具などは、熱湯消毒してから洗濯機で洗う。

 詳しくは、国立感染症研究所ホームページの「家庭・職場における消毒の指針」まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  2. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「ニキビが治りません!」と言われたら 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:8
  4. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:3
  5. 親の寄付なしには体育の授業もできない!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:2
  6. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:162
  7. 「実際に手術した患者はゼロ」との回答が9割超 医師1000人に聞きました FBシェア数:0
  8. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:36
  9. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. 横浜市が事前指示書「もしも手帳」を作ったワケ 横浜市医師会常任理事の赤羽重樹氏に聞く FBシェア数:14
医師と医学研究者におすすめの英文校正