日経メディカルのロゴ画像

2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研が疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂、5版に

 国立感染症研究所感染症情報センターは5月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版(5版)を掲載した。このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説したもの。今改訂では、「『疑い例』、『可能性例』との接触者の管理と追跡調査」の中に、新たに「医療従事者の管理」が加わった。「適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離」と明記。適切な個人防御を取って接触した職員は、「通常通り業務に就いて差し支えない」とし、「患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる」よう求めている。

 追加になったのは次の部分。

 SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」の患者に適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離する。有効な個人防御用具(SARSの院内感染対策参照)を用いて対策を取った上で診療を行った職員は、通常通り業務に就いて差し支えないが、患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる。

 詳しくは、感染情報センターのこちらまで。(三和護)