2003.05.23

【SARS速報】 国立感染研が疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂、5版に

 国立感染症研究所感染症情報センターは5月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版(5版)を掲載した。このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説したもの。今改訂では、「『疑い例』、『可能性例』との接触者の管理と追跡調査」の中に、新たに「医療従事者の管理」が加わった。「適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離」と明記。適切な個人防御を取って接触した職員は、「通常通り業務に就いて差し支えない」とし、「患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる」よう求めている。

 追加になったのは次の部分。

 SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」の患者に適切な個人防御を取らずに接触した職員は、接触後10日間自宅隔離する。有効な個人防御用具(SARSの院内感染対策参照)を用いて対策を取った上で診療を行った職員は、通常通り業務に就いて差し支えないが、患者と接触後10日間は十分健康に注意し、もしこの間に異常があれば適切な対応をとる。

 詳しくは、感染情報センターのこちらまで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン4】異常陰影を指摘せよ(難易度 高) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:3
  2. 「基本3点セット」でせん妄をコントロール ケーススタディー◎睡眠マネジメントで術後せん妄を防ぐ静岡がんセンター FBシェア数:7
  3. 「この治療は意味があるのかな?」と思ったら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:72
  4. 外国人患者の来院への備え、ここがポイント 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:5
  5. 日大は卒業生の子女を優先して追加合格 NEWS FBシェア数:6
  6. 腸内細菌の研究が活況、しかし課題も 記者の眼 FBシェア数:11
  7. 60歳代女性。肝障害の精査 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:1
  8. 震える指が指した50音ホワイトボードの「ありがと… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 奇想の絵師8人が大集合する「奇想の系譜展」 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  10. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:52
医師と医学研究者におすすめの英文校正