2003.05.21

【SARS速報】 新規患者数が台湾で急増、20日には最悪の39人を記録

 世界保健機関(WHO)の発表によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)の新規患者数は先週末の17日に33人とこれまでに最も少ない報告数だったが、長続きせず、今週に入って増加に転じてしまった。台湾からの報告が急増したためで、依然予断を許さない状況は続いている(図参照)。
 
 新規報告数は、中国が減少し、20日は17人でこれまでに最も少なかった。一方、台湾は、19日に70人(WHOの発表のない18日分も含む)、20日に39人と、16日の10人から急増、中国を追いぬいてしまった。香港は5月16日以来5人を割っている。

 2002年11月1日からの累計死者数は、5月20日現在、全体で662人に達した。中国が294人と300人に迫り、香港が253人と続いている。台湾は52人で、前日までの40人から一挙に12人増えている。

 このほかでは、シンガポールが28人で、12日以降、新たな死者は報告されていない。またカナダは23人で、14日以降、死者は出ていない。

 これら以外では、ベトナム5人(4月14日以降ゼロ)、タイ2人(4月2日以降ゼロ)、マレーシア2人(4月5日以降ゼロ)、フィリピン2人(4月21日以降ゼロ)、南アフリカ1人(5月5日以降ゼロ)となっている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 65歳女性。発熱、咽頭痛、胸痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:225
  3. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:223
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS FBシェア数:6
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:87
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:33
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:39
  8. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:43
  9. 飲酒前に服用する国内初の飲酒量低減薬 最新DIピックアップ FBシェア数:389
  10. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:298
医師と医学研究者におすすめの英文校正