2003.05.16

【SARS速報】  中国の地域別新規患者報告数、北京は4月21日以来初めて30台を切る

 中国衛生部の発表データをもとに、主な地域別の新規患者報告数の推移をみると、北京からの報告は5月15日は27人となり、4月21日以来初めて30台を切った。5月11日からは50人以下を続けている。ただし、北京周辺の河北省、山西省、内モンゴル自治区などでは、少ないながらもまだ増減を繰り返しており、北京からの拡散を防ぎえたかどうかは予断を許さない状況だ(図参照)。

 中国全体でみると、5月10日に85人と100を切ってからは、11日69人、12日75人、13日80人、14日55人、15日52人と推移している。最も多かった4月28日の203人の4分の1近くまで減ってきた。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  4. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 開業の融資獲得に準備した2つの“秘密兵器” 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  10. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
医師と医学研究者におすすめの英文校正