2003.05.16

全例にワルファリンが原則、脳塞栓症を招く高齢者心房細動−−日経メディカル5月号

最新号表紙画像 発症7日以内に入院した脳梗塞患者約5000人のデータ解析から、心原性脳塞栓症のおよそ7割が心房細動を合併しており、その割合が加齢と共に増加していることがわかった。合併例の約8割は、非弁膜症性心房細動で、大半は発症前に何らの抗血栓療法も受けていなかった。

 厚生労働省研究班が一昨年まとめた心房細動治療ガイドラインでは、非弁膜症性心房細動患者に対し、年齢やリスクに応じて抗凝固薬のワルファリンまたはアスピリンなどの抗血小板薬を推奨している。しかし、日本人患者を対象とした後ろ向き検討からは、脳塞栓症の予防に抗血小板薬は奏効しないことが明らかになった。

 本記事では、高齢者の心原性脳塞栓予防に関する最新のデータを通し、「心房細動患者へのワルファリン治療」が急務の課題であることを提示。出血のリスクを抑えながらワルファリンの効果を発揮させるための具体的なノウハウを紹介しています。詳しくは、日経メディカル5月号(5月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

 日経メディカルの読者の方は、「日経メディカル記事検索サービス」でバックナンバーを閲覧することもできます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正