2003.05.08

【SARS速報】  東京都、流行地域から帰国の生徒、教職員は無条件で10日間自宅待機に

 東京都教育庁は5月6日、SARSの流行が確認されている地域と中国全土から帰国した児童・生徒と教職員は、症状の有無にかかわらず10日間の自宅待機とする旨を、都立学校長と区市町村の教育委員会あてに通知した。併せて、自宅待機中の児童・生徒に対しては、課題を工夫するなど学習上の配慮をすること、出席を停止させている児童・生徒のプライバシーに配慮するよう教職員を指導すること、保護者を含めSARSに関する情報提供に努めること、などを指示した。なお、教職員の流行地域への渡航はあらかじめ自粛するよう、指導を求めている。教職員を含めたSARS対応を明確に規定したのは全国でも初めてだという。

 この件に関するプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正