2003.05.06

【日本小児科学会速報】 【再掲】エコーウイルス13型による無菌性髄膜炎で、国内初の流行が報告

 エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している。従来は世界的にもまれな型だったが、2000〜2001年に欧州、豪州、米国などで数10例の無菌性髄膜炎患者が発生した後、2001年秋に福島県で国内初の流行があった。この時の臨床的状況について、福島県相馬市の公立相馬総合病院小児科の大西周子氏らが4月26日、日本小児科学会学術集会のポスターセッションで報告した。

 2001年9〜12月に相馬総合病院小児科を発熱、頭痛、嘔吐などを訴えて来院した50人中、38人の髄液、咽頭ぬぐい液、肛門ぬぐい液のいずれかからE13が検出された。髄液採取は無菌性髄膜炎が疑われた36人に実施され、26人が無菌性髄膜炎と診断された。この26人中E13ウイルスが検出されたのは22人(84.6%)であり、その全例に頭痛と37.5度以上の発熱、1例を除き吐気、嘔吐が見られた。22例は全員入院加療が行われた。

 感染が確認された38人のうち髄膜炎(細胞数10/μl以上)を発症したのは57.9%に当たる22人であり、他の最終診断名は髄膜症(細胞数10/μl未満)、扁桃炎、咽頭炎、胃腸炎、ウイルス性発疹症などとされた。

 E13型ウイルスによる無菌性髄膜炎の臨床的特徴は、エコーウイルスの各血清型やコクサッキーB群など、他のエンテロウイルスによる同症と同様だったという。分離されたE13は欧米で分離された株との類似度が98〜99%だった。ただし、「渡航者の有無など疫学的な流行の経緯は確認されなかった」(大西氏)と言う。(中沢真也)

■ 修正 ■
 冒頭に、「エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している」を加筆しました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正