2003.04.23

【SARS速報】 厚労省SARS対策専門委員会、「可能性例」二人の判定を保留

 国内の重症急性呼吸器症候群(SARS)疑い例・可能性例を検討する厚生労働省のSARS対策専門委員会(委員長:国立感染症研究所所長・吉倉広氏)は4月22日、第4回委員会を開催。疑い例は全員SARSを否定したものの、可能性例のうち二人について判断を保留した。同委員会はこれまで、全ての検討症例についてSARSを否定しており、判断保留は初めて。

 今回の検討対象は、4月14日の前回会議以降に報告された疑い例・可能性例。疑い例7人については全員、SARSが否定されたが、可能性例の5人については3人のみ否定、二人を保留とした。「回復はしているが、SARSの感染を完全に否定するだけのデータがないため、引き続き情報収集を行う必要がある」としている。この二人の渡航歴の有無や渡航先などの詳細は開示していない。

北京への渡航に延期勧告も

 また、中国・北京でSARS患者が多数発生していた事態に対し、外務省は4月22日、北京への渡航を延期するよう勧告する渡航情報(危険情報)を発出した。

 北京における4月21日現在のSARS患者総数が482人、死者25人と、香港及び中国広東省に危険情報を発出した時点での香港の死者数17人を上回っていることに加え、カナダやベトナムとは異なり感染経路が明らかになっていないため。北京からの渡航者に関しては4月21日から、検疫所における対応の強化も行われている。

 SARS対策専門委員会の検討結果に関してはこちら、国内症例の報告状況に関してはこちらまで。北京に関する初の危険情報は、こちらへ。(内山郁子)

■ SARSダイレクト ■
◆ 2003.4.22 緊急情報】 重症急性呼吸器疾患(SARS)ダイレクト
「リバビリンの推奨投与法」が論文化、カナダ医師会雑誌がオンライン公開、ほか

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正