2003.04.22

【SARS速報】 WHOへの報告患者数は累計で3861人、うち死者は217人に

 世界保健機関(WHO)が4月21日発表した患者報告数によると、2002年11月1日からの累積患者数(可能性例)は3861人となった。そのうち死亡者数は217人で、香港が94人、中国本土が86人と突出している。

 前回の発表では累積患者数が3547人、死亡者数が182人だった。この間の新規報告数は495人だったが、米国からの報告が「可能性例」に絞られ181人の減となったため、トータルでは3861人となっている。

 新規報告例で目立つのは中国で、前回の報告(19日)から一挙に447人増となった。これまでの中国からの報告に、北京市内の解放軍病院の症例が含まれていないなど、不備があったためで、中国の国務院が異例の記者会見を開き釈明する事態となっている(関連トピックス参照)。

 一方、香港の新規患者数は20日と21日の二日間で44人だった。16日に36人、17日に29人、18日に30人、19日に31人と30人前後で推移していたが、ここにきて1日当たり約20人のレベルに落ちてきたことになる。ただし、死亡者数は二日間で13人増え94人に達した。依然として予断を許さない状況にある。

 なお、日本では4月21日17時現在、確定例は出ていない。(三和護)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.4.21 SARS速報】
北京で患者数が大幅上方修正、既公表数の10倍近くに

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
  7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
  8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
医師と医学研究者におすすめの英文校正