2003.04.22

【SARS速報】  シンガポール、医師の複数病院勤務禁止など、院内感染防止策を強化

 4月21日現在で184人と、香港、中国に次いで患者数が多いシンガポールでは、院内感染による感染を押さえ込むため、医師の複数病院勤務を原則禁止するなど、新たな対策に乗り出した。

 シンガポール政府は21日、私立病院間で感染が発生するリスクを減らす目的で、22日から、私立病院に勤務する全医師に対し、勤務する病院を1カ所に限定して登録するよう指示した。自営、または派遣看護師、および代診医(英国特有の制度)も同じ措置が適用される。

 また、患者についても、病院間の入院患者の転送は禁止、21日以内の再入院の場合、同じ病院の利用が義務付けられる(既に公立病院では実施中)。ただし、経済的理由がある場合に限り、公的病院への転院を許されることとした。ただし、専門医が緊急に必要とされる場合など、緊急の必要性がある場合は例外となる。

 シンガポールから世界保健機関(WHO)に報告された累計患者数は184人、死亡者16人(うち二人は確定検査待ち)だが、このほかに疑い患者が82人、自宅隔離者が793人にのぼる。人口約400万人で東京都ほどの面積の都市型国家で、貿易と観光を収入源にしているだけに危機感は強い。4月21日に入院した新規患者は6人だが、そのうち5人は病院における見舞い、または別の病気で来院中にSARSに感染しており、院内感染対策が急務になっていた。

 本件に関するシンガポール政府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ SARSダイレクト ■
◆ 2003.4.22 緊急情報】 重症急性呼吸器疾患(SARS)ダイレクト
「リバビリンの推奨投与法」が論文化、カナダ医師会雑誌がオンライン公開、ほか

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正