2003.04.21

【SARS速報】 日本の患者数は4人に、全体の死数増え続け182人に


 新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の日本国内患者数(可能性例)が4人となったことが、WHOの4月18日の発表で明らかになった。これは、日本が18日、WHOに報告したもので、前日までの患者数から二人増えている。世界全体ではまた、WHOの19日付けの最新報告によると、死亡者総数は182人と、前日の報告から12人、すべて香港で増えている。患者総数もまた増え続けており、今回の報告では3547人となった。

 国内の患者数について日本当局は、16日に初めて一人を報告した後、17日にもう一人、さらに18日に二人を追加報告している。死亡例は報告されていない。また、それらの患者を発端とする国内での感染例も報告されていない。

 一方、前日から患者数が2桁増えたのは、香港で31人、中国で30人、米国で12人。これにカナダの6人、シンガポールの5人と続く。

 WHOのリリース、「Cumulative Number of Reported Probable1 Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS)」は、こちらへ。

 なお、日本国内のSARS報告状況は、こちらまで。WHOには、4月15日から18日までの可能性例4例が報告されている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:36
  3. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:104
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:23
  6. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:185
  7. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  8. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  9. ゾフルーザ注目集めるも第一選択は3位止まり NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:109
医師と医学研究者におすすめの英文校正