2003.04.21

【SARS速報】 日本の患者数は4人に、全体の死数増え続け182人に


 新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の日本国内患者数(可能性例)が4人となったことが、WHOの4月18日の発表で明らかになった。これは、日本が18日、WHOに報告したもので、前日までの患者数から二人増えている。世界全体ではまた、WHOの19日付けの最新報告によると、死亡者総数は182人と、前日の報告から12人、すべて香港で増えている。患者総数もまた増え続けており、今回の報告では3547人となった。

 国内の患者数について日本当局は、16日に初めて一人を報告した後、17日にもう一人、さらに18日に二人を追加報告している。死亡例は報告されていない。また、それらの患者を発端とする国内での感染例も報告されていない。

 一方、前日から患者数が2桁増えたのは、香港で31人、中国で30人、米国で12人。これにカナダの6人、シンガポールの5人と続く。

 WHOのリリース、「Cumulative Number of Reported Probable1 Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS)」は、こちらへ。

 なお、日本国内のSARS報告状況は、こちらまで。WHOには、4月15日から18日までの可能性例4例が報告されている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正