2003.04.21

【SARS速報】 東京都、SARSの24時間相談・診療体制を当面連休明けまで延長

 東京都健康局は4月17日、第5回の重傷急性呼吸器症候群(SARS)対策本部会を開催し、4月7日から4月21日までをめどに実施してきたSARSに関する24時間の相談・診療体制を、当面、連休明けの5月11日まで延長して実施することを決めた。「都民の不安を解消する」(病院経営本部経営企画部経営企画課)ことを主眼とした対応。

 東京都は感染症指定病院である都立4病院を中心にした「東京SARS診療ネットワーク」で24時間の診療体制を、また、都区保健所と保健医療情報センター「ひまわり」で24時間の相談体制を、健康安全研究センターで休祭日を含む検査体制(検体の受け入れ)を実施している。

 詳しくはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  5. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  6. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  8. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  9. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  10. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正