2003.04.18

【SARS速報】 FDA、SARS患者及び流行地からの帰国者に献血制限

 米国食品医薬品局(FDA)は4月17日、重症急性呼吸器症候群(SARS)患者やSARS流行地からの帰国者の献血を、一定期間控えるよう全米の献血センターに対し勧告した。輸血用血液へのSARSウイルス混入を避けるための措置。

 献血制限の対象および期間は、SARS患者が症状回復後28日間、SARS流行地への渡航者が帰国から14日間。献血制限の対象となる渡航先は、現時点で中国全土、ベトナム・ハノイとシンガポールの3カ所が挙がっている。

 さらに、献血後14日以内にSARS様の症状が出た場合は、すみやかに献血センターに申し出るよう、献血者に要請することも勧告した。この献血制限による献血量の減少は、最大でも0.4%とFDAは見積もっている。

 なお、SARSが血液を介して感染するとの証拠は得られていないが、SARS患者の一部で血液中からSARSウイルスが見出されている。

 この件に関するFDAのプレス・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 爪が雲母のように分離してます… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  4. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  5. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 看護師の採用に“コツ”はあるか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正