2003.04.18

【SARS速報】 死亡者数が165人に、香港は4人増え65人に

 新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)による死亡者数が増加している。世界保健機関(WHO)に報告のあった患者数(可能性例)は、累計で2002年11月1日以降17日現在3389人。そのうち死亡者数は165人で前日の159人より6人増えた。特に香港での死亡例が目立ち、前日の61人から4人増え65人となった。15日に9人、16日に5人、17日に4人と連日死亡例が出ている(図)。

 25の国と地域から報告があったが、新たにオーストラリア(患者3例)とモンゴル(3例)が加わった。新たな死亡者数の内訳は、香港の4人のほか、シンガポールの2人、中国での一人で、カナダの一人は除外されている。

 WHOのリリース「Cumulative Number of Reported Probable1 Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS)」は、こちらへ。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:35
  2. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:172
  3. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:97
  5. 患者の異変を見て見ぬふり? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:82
  6. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:33
  7. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:103
  8. 13歳女性。左前腕から肘にかけての痛み 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 米国の心疾患病院ランキングと治療成績比較 JAMA Cardiology誌から FBシェア数:36
  10. 数多く存在するARBは、その特徴も様々 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正