2003.04.18

【ランキング】呼吸器学会トピックス 「力士の半数に睡眠時の呼吸障害、取組成績にも影響」が1位

 日本呼吸器学会のトピックスでアクセス件数を調べてみました。3月末までに、もっとも注目を集めたのは、「力士の半数に睡眠時の呼吸障害、取組成績にも影響」でした。「日本呼吸器学会が『禁煙宣言』、禁煙を専門医認定の資格要件に」「高齢者の肺炎予防、口腔ケア、不顕性誤嚥の予防と免疫力強化が鍵に」が続いています。以下にベスト11を紹介します。


1)力士の半数に睡眠時の呼吸障害、取組成績にも影響
2)日本呼吸器学会が「禁煙宣言」、禁煙を専門医認定の資格要件に
3)高齢者の肺炎予防、口腔ケア、不顕性誤嚥の予防と免疫力強化が鍵に
4)市中肺炎397例もとに学会ガイドラインを検証
5)分子標的薬の臨床試験、臨床開発段階での“橋渡し研究”が課題
6)ガイドライン「気道感染症診療の基本的考え方」、5月に発表へ
7)6週間の呼吸リハビリテーションがCOPDの急性増悪を予防
8)日本のCOPD医療費は年間8300億円、「急性増悪のコスト」への啓蒙が不可欠に
9)日本呼吸器学会が第43回総会を開催
10)多剤耐性結核、1998年から2000年までの3年間で新たに188例
11)呼吸器病学はポストゲノム時代へ、今こそ心の医療を−−会長講演より


========================================================================
◆市中肺炎診療の実態調査2003

 MedWaveは今年も「市中肺炎診療の実態調査」を実施致します。本調査は、医療現場の第一線で活躍されている先生方に、外来で遭遇する肺炎(市中肺炎)の診療方針や考え方、抗菌薬の処方経験、市中肺炎診療に関する情報ニーズなどをお伺いし、市中肺炎診療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave等で紹介する予定です。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
◇アンケート画面は以下です。
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/MW203122.html
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正