2003.04.15

【SARS速報】 CDCが新種コロナウイルスのゲノム解読

 米国疾病対策センター(CDC)は4月14日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因と考えられている新種コロナウイルスのゲノムを解読し、インターネット上で公開した。これによって、SARSの治療薬や予防薬、診断テストなどの開発に弾みがつくことが期待される。

 CDCが解明したコロナウイルスの遺伝子配列は、2万9727のヌクレオチドから成る。CDCに先駆け、12日にはカナダの研究グループが新しいコロナウイルスのゲノムを解明しているが、それと比べてヌクレオチドの数が15多い点などを除き、ほぼ同一のものだという。このことは、両者の解明したウイルスが、出所が同じである可能性が高いことを示す重要な点だとしている。両研究グループはそれぞれ、異なる国のSARS患者からウイルスを採取している。

 CDCはまた、コロナウイルスは短時間に変化するため、今回ゲノムを解明したコロナウイルスが、実際にSARSの原因となるウイルスと同一かどうかを見極める必要があるとしている。

 詳しくは、CDCによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正