2003.04.09

【SARS速報】  広東省調査のWHOチーム、調査を終了

 4月3日から広東省を訪れていた世界保健機関(WHO)の専門家チームは調査を終え、まもなく公式の報告を発表する。同チームは、現地の調査とともに、サーベイランスシステムの強化、感染防止、臨床管理、検査方法の確立などを支援してきた。広東省は、香港のホテルに滞在して世界各地にSARS感染をもたらすことになった発端患者の出身地でもあり、詳しい調査が待たれていた。

 北京では、先にSARSで死亡した国際労働機関(ILO)技能開発局長のPekka Aro氏に関連して、国際機関のスタッフなどに動揺が広まっているため、WHO北京支局の疫学担当者が接触先の追跡調査を行っている。今のところ、実態は判明していないという。このほか中国では、初の患者が発生した上海からWHOに対して訪問要請があがっている。

 WHOが4月8日に発表した重症急性呼吸器症候群の患者数は、全世界で2671人、死亡者数は103人になった。報告があった国数は17カ国(WHOは台湾を中国の一地域としている)。前日の報告から、患者数70人、死亡者数5人増加した。

 オーストラリア:死亡者数を含む患者数1(死亡者数0、以下同)
 ブラジル:1(0)
 カナダ:91(10)
 中国:1279(53)
 香港:928(25)
 台湾:19(0)
 フランス:4(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:3(0)
 マレーシア:1(1)
 アイルランド:1(0)
 ルーマニア:1(0)
 シンガポール:113(8)
 スペイン:1(0)
 スイス:1(0)
 タイ:7(2)
 英国:5(0)
 米国:148(0)
 ベトナム:62(4)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reported へ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  4. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  5. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
  6. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 40歳代男性。長引く咳 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  8. SLE、CKD、肥満症に新ガイドライン 出るのは… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  9. クリニックで院長秘書を雇ってみませんか? 診療所マネジメント実践記
  10. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
医師と医学研究者におすすめの英文校正