2003.04.09

【SARS速報】  広東省調査のWHOチーム、調査を終了

 4月3日から広東省を訪れていた世界保健機関(WHO)の専門家チームは調査を終え、まもなく公式の報告を発表する。同チームは、現地の調査とともに、サーベイランスシステムの強化、感染防止、臨床管理、検査方法の確立などを支援してきた。広東省は、香港のホテルに滞在して世界各地にSARS感染をもたらすことになった発端患者の出身地でもあり、詳しい調査が待たれていた。

 北京では、先にSARSで死亡した国際労働機関(ILO)技能開発局長のPekka Aro氏に関連して、国際機関のスタッフなどに動揺が広まっているため、WHO北京支局の疫学担当者が接触先の追跡調査を行っている。今のところ、実態は判明していないという。このほか中国では、初の患者が発生した上海からWHOに対して訪問要請があがっている。

 WHOが4月8日に発表した重症急性呼吸器症候群の患者数は、全世界で2671人、死亡者数は103人になった。報告があった国数は17カ国(WHOは台湾を中国の一地域としている)。前日の報告から、患者数70人、死亡者数5人増加した。

 オーストラリア:死亡者数を含む患者数1(死亡者数0、以下同)
 ブラジル:1(0)
 カナダ:91(10)
 中国:1279(53)
 香港:928(25)
 台湾:19(0)
 フランス:4(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:3(0)
 マレーシア:1(1)
 アイルランド:1(0)
 ルーマニア:1(0)
 シンガポール:113(8)
 スペイン:1(0)
 スイス:1(0)
 タイ:7(2)
 英国:5(0)
 米国:148(0)
 ベトナム:62(4)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reported へ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  2. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  3. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  4. 診療1カ月後のカルテ追記、紛争で不利になる? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  5. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. 臨床推論に使える乙女便秘とフレイル便秘 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  7. 厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所 詳説◎改訂高血圧治療ガイドライン(JSH2019)《前編》
  8. DNR患者の救急搬送を要請されたら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  9. 1日1回のアメナリーフはまだシェア10%止まり NMO処方サーベイ
  10. 胸痛だがECGは正常。上行大動脈の拡張が原因? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正