2003.04.02

【SARS速報】 香港で新たに155人の患者、総患者数は1804人に

 世界保健機関(WHO)は4月1日、香港で重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者が新たに155人、死者が3人加わったことを公表した。これによって、香港のこれまでの患者数は685人、死者は16人となった。その他、米国で10人、カナダで9人など、新たな患者が報告されている。これによって、世界全体での総患者数は1804人、死者は62人となった。

 一方WHOによると、ベトナムのハノイ市やシンガポールでは、患者数が安定してきており、SARSの流行に歯止めがかかってきているようだ。

 これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数の詳細は以下の通り。オーストラリアとベルギーでは、初めて患者が報告されている。

 中国:死亡を含む患者数806(死亡者34、以下同)
 香港:685(16)
 シンガポール:92(3)
 ベトナム:58(4)
 米国:69(0)
 カナダ:53(4)
 台湾:13(0)
 ドイツ:5(0)
 タイ:6(1)
 英国:3(0)
 ルーマニア:3(0)
 イタリア:3(0)
 スイス:3(0)
 アイルランド2:(0)
 フランス:1(0)
 オーストラリア:1(0)
 ベルギー1:(0)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:175
  2. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:0
  3. てんかん重積状態の海外第一選択薬が国内で承認 最新DIピックアップ FBシェア数:340
  4. 医療者はLGBTの理解に務めるべし 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:45
  5. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:82
  6. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  7. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂 FBシェア数:4
  8. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:310
  9. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:38
  10. お礼奉公中だけど、転職したい… キャリアお悩み相談室 FBシェア数:40
医師と医学研究者におすすめの英文校正