日経メディカルのロゴ画像

2003.04.02

【SARS速報】 香港で新たに155人の患者、総患者数は1804人に

 世界保健機関(WHO)は4月1日、香港で重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者が新たに155人、死者が3人加わったことを公表した。これによって、香港のこれまでの患者数は685人、死者は16人となった。その他、米国で10人、カナダで9人など、新たな患者が報告されている。これによって、世界全体での総患者数は1804人、死者は62人となった。

 一方WHOによると、ベトナムのハノイ市やシンガポールでは、患者数が安定してきており、SARSの流行に歯止めがかかってきているようだ。

 これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数の詳細は以下の通り。オーストラリアとベルギーでは、初めて患者が報告されている。

 中国:死亡を含む患者数806(死亡者34、以下同)
 香港:685(16)
 シンガポール:92(3)
 ベトナム:58(4)
 米国:69(0)
 カナダ:53(4)
 台湾:13(0)
 ドイツ:5(0)
 タイ:6(1)
 英国:3(0)
 ルーマニア:3(0)
 イタリア:3(0)
 スイス:3(0)
 アイルランド2:(0)
 フランス:1(0)
 オーストラリア:1(0)
 ベルギー1:(0)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)