2003.04.01

【SARS速報】  世界のSARS患者数は1600人超、死者数は58人に

 世界保健機関(WHO)によると、2月1日から3月31日までの重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者数は全世界で1622人、死者数は58人になった。前日からの増加の大半は、香港のケース。ほかに、カナダ、ドイツ、シンガポール、タイで患者が増加した。また、香港で3人、カナダで一人、新たに死亡者が発生している。香港当局は3月31日夜、WHOへの報告後に、さらに感染者数が増え、患者数610人、死亡者数15人に達したと発表している。

 これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数と死亡者数は次のとおり。

 カナダ:死亡を含む患者数44(死亡者数4、以下同)
 中国:806(34) 
 香港:530人(13)
 台湾:10(0)
 フランス:1(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:2(0)
 アイルランド:2(0)
 ルーマニア:3(0)
 シンガポール:91(2)
 スイス:3(0)
 タイ:5(1)
 英国:3(0)
 米国:59(0)
 ベトナム:58(4)

 詳しくは、WHOのUpdates「Cumulative number of reported suspect and probable cases (SARS)」へ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 腹部X線写真であの臓器が見え過ぎていたら 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:62
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:529
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:278
  4. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:145
  5. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:824
  6. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:303
  7. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:70
  8. 開業医の妻としてぜひ果たしたい「最後の大役」 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:21
  9. グリニド:シュアポストがごぼう抜きで首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:48
  10. 新しいめまい疾患PPPDの問診票を作成 学会トピック◎第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正