日経メディカルのロゴ画像

2003.04.01

【SARS速報】  世界のSARS患者数は1600人超、死者数は58人に

 世界保健機関(WHO)によると、2月1日から3月31日までの重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者数は全世界で1622人、死者数は58人になった。前日からの増加の大半は、香港のケース。ほかに、カナダ、ドイツ、シンガポール、タイで患者が増加した。また、香港で3人、カナダで一人、新たに死亡者が発生している。香港当局は3月31日夜、WHOへの報告後に、さらに感染者数が増え、患者数610人、死亡者数15人に達したと発表している。

 これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数と死亡者数は次のとおり。

 カナダ:死亡を含む患者数44(死亡者数4、以下同)
 中国:806(34) 
 香港:530人(13)
 台湾:10(0)
 フランス:1(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:2(0)
 アイルランド:2(0)
 ルーマニア:3(0)
 シンガポール:91(2)
 スイス:3(0)
 タイ:5(1)
 英国:3(0)
 米国:59(0)
 ベトナム:58(4)

 詳しくは、WHOのUpdates「Cumulative number of reported suspect and probable cases (SARS)」へ。