2003.03.30

【日本循環器学会速報】 重症狭心症への自家骨髄細胞移植、関西医科大学で2例目が実施

 関西医科大学で今年2月、重症狭心症患者に対する2例目の自家骨髄単核細胞移植が行われたことがわかった。1例目は開胸術下に行われたが(関連トピックス参照)、今回はカテーテルを使った低侵襲の細胞移植。移植後は狭心症状が大きく改善し、患者は週内にも退院できる見込みだという。この症例は、関西医科大学第二内科講師の神畠宏氏らが、3月30日の一般口演「Angiogenesis 2」で報告した。

 患者は59歳の女性。CCSクラス3の狭心症があり、糖尿病、閉塞性動脈硬化症(ASO)、高血圧などを合併していた。安静時にも症状がある上、左室駆出率(EF)が45%と低く、既存の治療法では対処が難しかったため、今年2月5日に自家骨髄単核細胞の移植に踏み切った。

 神畠氏らは、電気−機能的マッピング(NOGAマッピング)で壁運動が低下している部位を同定。マッピング用のカテーテルの先端に付けた27ゲージの注射針を20カ所に刺し、1カ所あたり2億個の濃縮自家骨髄単核細胞を注入した。

 その結果、心筋シンチグラフィーなどで評価した心筋の壁運動は著明に改善。狭心症状も大幅に軽快し、今週中にも退院できる運びとなったという。

 重症の狭心症患者は、既にバイパス手術(CABG)などで開胸術を受けているケースが大半。「再開胸は難しいことが多いため、開胸が不要なカテーテル術で細胞移植が成功した意義は大きい」と神畠氏は話す。今後は倉敷中央病院や日本医科大学などと共同で、カテーテルを使った心筋への細胞移植について臨床研究を進めることを考えており、「現状で有効な治療手段がない重度狭心症患者さんを、ぜひ紹介してほしい」と神畠氏は会場に呼びかけた。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.25 臨床応用が始まった骨髄幹細胞の自家移植による血管新生療法


========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正